あああ

障害者は保険に加入しにくいの?

Insurance Character and Icons Template. Vector illustration

障害者の方々は、生命保険や傷害保険に加入しにくい。
そんな事実があるのをご存じですか?勿論、成人病などの疾患に伴い、視覚や聴覚障害者となられた方、あるいは、肢体不自由者になられた方々は、ある意味仕方がないかも知れません。
それはどちらかと言えば、傷害がネックというより、疾病がネックになっていると考えられるからです。

けれど、例えば緑内障を発症し、視力を失ってしまった。
あるいは、交通事故で下半身不随になってしまった方々の中には、内臓は至って丈夫で、めったに大きな病気はしないよっと言う人も少なくないですよね。
ただ、彼らが転んだり車や者にぶつかったりして、怪我をする確率が健常者より高いのは間違いないと言えるでしょう。
こうした現状を考慮し、多少の条件が添えられるのは無理のない事です。
病気での入院は保険金を支払いますが、怪我での入院や通院は支払いませんよ!!というような形でね。

ところがところが、多くの保険会社では、怪我でも病気でも関係なく、一切の医療に関する保険金は支払いませんよ。
つまり、お亡くなりになるまで保険が払われる事は殆どありませんよ!という条件を付ける事もしばしば。
それどころか、加入すら拒否するところが少なくありません。
特に精神障害者や知的障害者は敬遠されがちのようですね。

けれど、昨今は有り難い事に、直接保険屋のおばさんと会う必要もなく、医師の診査も要らないというインターネットや通信販売型の保険が急増して来ています。
そこには、障害者が保険に加入するための大きなチャンスが潜んでいるのです。
また、まだまだ少数派ではありますが、障害者でも積極的に受け入れてくれる保険会社も出て来ていますから、これまで保険加入を諦めていた人も、今一度再検討してみられるといいのではないかと思いますよ。
あれ、どっかで聞いた事ありそうな台詞ですね、失礼!

関連記事

  1. カントン包茎の包皮を戻す方法
  2. 包茎の遺伝子は見つからない
  3. 生理痛に漢方も効くの?
  4. 排卵期について
  5. pixta_11426029_M 肝臓機能障害とは
  6. 矯正器具の注意点
  7. 古典彫刻は人前で裸が一般的
  8. 人権侵害問題について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP