偏頭痛を予防する5つの方法

imasia_8364223_M

頭痛の中でも偏頭痛は?
生活に支障が出る!
それだけで憂鬱になります。
意外に患者さんが多い偏頭痛ですが、予防できないのでしょうか?

・偏頭痛を予防する5つの方法
1.予防薬を飲む
2.ストレスを溜めない
3.規則正しい生活
4.刺激を避ける
5.思い込みを止める

では具体的に解説してみましょう。
1.予防薬を飲む
偏頭痛の予防に関しては?
現在では有効な予防薬が知られています。
もちろん医師の診断に従うべきですが、予防薬を飲む!
これが現状における偏頭痛予防のセオリーです。
偏頭痛には前兆がある?
自分のパターンがあるはずなので、そのサイクルに合わせて予防薬を飲む!
それが効果的です。

とはいえ薬は怖い?
偏頭痛に適した漢方薬もあります。
医師に相談してみましょう。
当然ですが薬に頼らないことも重要です。
薬に慣れると?
どんどん効かなくなります。
そういう意味では?
大切な時にだけ予防薬を飲む!
それも一法です。

2.ストレスを溜めない
ストレスが偏頭痛の引き金になる!
多々ある状況です。
そういう意味では?
ストレスを溜めない!
重要です。
急激なストレスが加わると?
筋肉が緊張するので肩が凝り頭痛を招きやすくなります。
さらに血管が収縮するので拍動が強められ、血管に負荷がかかる!
そこから神経系を刺激する!
一方でストレスが急に解消された場合も?
血管が拡張されて神経系を刺激する!
まさしく偏頭痛のパターンです。

心理的な影響が自律神経系を乱す?
こちらからも痛みの感覚が狂う!
総合的に考えて?
偏頭痛の予防にはストレスを溜めない!
深呼吸して落ち着きましょう。

3.規則正しい生活
身体は規則正しい生活を欲しています。
昔の人は健康だった?
それは規則正しい生活をしていたからです。
現代社会は忙しい?
だから規則正しい生活は無理!
それは「逃げ」にすぎません。
つまり自分から勝手に忙しくしている!
携帯電話の登場によって常に誰かと繋がってしまう?
独りの時間が持てない!
またインターネットの登場によって深夜でも何かできる!
その呪縛から解放して規則正しい生活を取り戻せば?
身体が落ち着いてくれるでしょう。
合わせてバランスのとれた食事をする!
適度な運動を続ける!
十分な睡眠をとる!
偏頭痛の予防には不可欠です。

4.刺激を避ける
世の中は刺激に満ち溢れています。
昨今のアレルギーで象徴されるように?
現代人は刺激に敏感となった!
偏頭痛も刺激を避けることにより?
予防できるでしょう。
よくあるのは強い日差しです。
それが偏頭痛の引き金?
本人はわかっていると思うので、外出時はサングラスをしましょう。
騒音や臭い?
こちらも偏頭痛のきっかけになります。
発作が起きそうな際は特に、室内で静かにする!
心地よい音楽を聴いたりハーブを利用する!
偏頭痛の予防になります。
さらに刺激のある食べ物も注意!
辛い系やカフェインなどの刺激を避けましょう。

5.思い込みを止める
自分は偏頭痛だ!
そんな思い込みを止める!
この思い込みがストレスになっている可能性は否めません。
音や光なども変に意識すると?
それが悪魔に見えてくる!
幽霊の正体見たり枯れ尾花!
木目が人の顔に見えてくる!
すべて思い込みです。
そういう意味では?
逆転の発想!
肩の力を抜きましょう!
ストレス発散のために、適度な運動を続けましょう!
そんな何気ない行動が?
偏頭痛の予防になります。
そんなはずなない!
そういう思い込みや偏見を、まずは止めてみましょう。

以上、日々心掛けてみましょう。
偏頭痛は前兆がある?
自分なりの予防法を知っておく!
そして無理をしないことが大切です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP