兄弟が溶連菌感染症に罹った

兄や姉からお下がりをもらう!
昨今は減っているのかもしれませんが、兄弟姉妹間で病気をやり取りする?
こちらは変わらないようです。
例えば溶連菌感染症も、兄弟姉妹間でうつすうつされる!
多々みられます。

もちろん溶連菌感染症を誰かが発症していれば用心するでしょうが、幼稚園や小学校で溶連菌感染症をもらってくる?
しかし保菌者の状態であれば、兄弟姉妹?
特に抵抗力が弱い子供にあげてしまう!
稀ではありません。

ただし溶連菌感染症は簡単にうつるわけでもないので、手洗いやうがいを励行すれば、兄弟姉妹間の感染を防ぐことが可能です。

なお万が一兄弟姉妹の内1人が溶連菌感染症に罹ったら?
狭い日本家屋では難しいでしょうが、患者さんを隔離しましょう。
そして兄弟姉妹を近づけない!
タオルなども別々にする!
可哀想ですが、慈悲をかけると自分も痛い目に遭う?
心を鬼にして、本当の悪魔?を家から追い出しましょう!
そのためには兄弟姉妹が心をひとつにして立ち向かいましょう。
それが結果的に兄弟姉妹を守ることになるのです。

近年は一人っ子が普通?
子供が増えるとそれだけ精神的?
経済的!
負担は大きいでしょうが、家族が多ければ幸せも倍加する!
兄弟姉妹は宝です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP