入れ歯との違い

歯の治療として一般的なのは、傷んだ部分を削り出し、被せ物をする方法でしょう。
昨今の歯科治療において抜歯はほとんど行わない方向にありますが、最悪の場合には仕方がありません。
そんな場合の対処法には入れ歯やインプラントがありますが、インプラントと入れ歯との違いは何でしょうか?もちろんインプラントと入れ歯との違いを外見上区別するのは難しいでしょうが、安定感の違いは大きいようです。
入れ歯を押さえる薬剤が各種開発されていますが、それでも歯茎に乗せている?感覚は否めず、入れ歯と歯茎の間に食べ物のカスが入って痛い!という事例は少なくありません。
つまりインプラントは土台である人工歯根をあごの骨に埋め込む!これは根本的な入れ歯との違いです。
なおインプラントと入れ歯との違いの中で外せないのが経済面です。
インプラントは1本で数十万円します。
自分の不摂生の代償?確実な歯?と考えれば安い買い物かもしれませんが、これは制約があっても健康保険が使える入れ歯との違いです。
さらにインプラントは一度埋め込んでしまうと修正が困難になるデメリットがあり、比較的矯正が容易、自由?な入れ歯との違いとして重要と言えるでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP