内祝いとは

「内祝い」は、内輪の親しい人たちでお祝いをする、嬉しいことのおすそわけです。

出産の内祝いでは、出産のお祝いをくださった方にお返しの品を贈ることが一般的になってきていますね。

お返しの基本は、半額返し。
こんなことを言うと、ものすごくきっちり半分を返さなければと考える人がいるのですが、そんなに厳密に考える必要はありません。
5千円いただいたら2千円くらいのものを贈る、といった感覚で問題ありません。
また、会社の上司や親戚など、あまり品物に差をつけたくない場合には、同じグループに同じものを一律でお返しする場合もありますね。

生まれた子どもの名前は、この内祝いの時に伝えましょう。
のしに直接書くか、命名札やカードなどを添えます。
最近では、写真や誕生日、一言メッセージを書いたカードを添える人が増えてきましたね。
こうしたカードもセットでお願いできるギフトがあるので、利用すると楽です。

出産のお祝いをいただいた時、内祝いを贈ったとき、お名前や住所、品物や金額等をきちんと控えておきましょうね。

ちなみに、昔はお宮参りの後に赤飯等を配って歩くのが一般的な内祝いでした。
両家の親戚が近ければ、昔ながらの風習も良いものですよ。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP