再発の可能性

溶連菌感染症はいつでも感染するリスクがある一方で、ペニシリン系抗生物質の有効性が知られているので、現在ではそれほど恐れる病気ではありません。
しかし溶連菌感染症の原因菌は身近にどこにでも存在しているので、常に感染状態にあると言っても過言ではないようです。
言い換えると身体の抵抗力や免疫力が低下した時に発熱や頭痛、発疹などの症状が現れる、見方を変えると再発しやすいとも考えられるようです。
時に溶連菌感染症の治療を終えたにもかかわらず再発してしまった!同じ流行期に再発するケースは少なくありません。
特に家族を介して再発を繰り返すケースがあるので注意が必要です。
なお溶連菌感染症が再発する理由のひとつとして、人間にとって有害な溶連菌のタイプが多い点が指摘されており、全ての菌型に対する抗体を体内で作ることが事実上不可能な点にあるようです。
もちろん前回の治療が不十分であった場合、例えば外見上症状がなくなったので抗生物質の服用を止めたケースなどでは、体内に残っていた菌が再度増殖を始めて再発したような状況を引き起こすことが多々あるようです。
溶連菌感染症は極度に心配すべきではありませんが、油断は禁物です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP