あああ

切らない方が良い場合

外科手術はどこまで許容されるのか?
もちろん癌など命に関わるケースは最優先でしょうが、美容整形?
男性でも包茎の手術をしたい!
切実な悩みがあるようです。

なお包茎で死ぬことは極めて稀ですが、男としての人生は絶望?
ならば包茎手術に踏み切るのも一法です。
とはいえ自分が思い込んでいるだけかもしれないので、包茎の状態を専門医に診断してもらいましょう。
中には切らない方が良いパターンが少なくありません。

そもそも包茎手術が必要なのは、手で包皮を剥けない!
すなわち真性包茎の場合です。
仮性包茎は、訓練?によって剥けた常態にすることが可能です。
したがって長い包皮が嫌!であっても、これは切らない方が良いでしょう。

では真性包茎なら必ず切るか?
切らない方が良い事例は多々あります。
さらに切除術を受けると、そこから化膿したり、切り傷が残る?
トラブルに陥ることもしばしばなので、怪しげなクリニックでは切らない方が良い?
信頼できる医師を探しましょう。
言い換えると、直ぐ切りましょう!など奨める所は、一晩考えましょう。

ちなみに一般の女性は包茎の知識を持たないものです。
パートナーが包茎を気にしないなら、こちらも切らない方が良いでしょう。

関連記事

  1. 生理痛は月経困難症という病気
  2. 性感帯温存法とは
  3. ■被写体の人物モデルはストックフォト承諾済みです。■スタジオセットを使用したイメージ写真です。 障害者とはどのような定義で定められているのか
  4. imasia_4767656_M 車椅子使用者とは
  5. pixta_2515464_M 難病と闘うための障害者福祉
  6. メリットについて
  7. 携帯電話割引制度とは
  8. 包茎根部接着法とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP