あああ

初経後の若年子宮出血

現代社会においては、少女は大抵小学校高学年位から中学生位までの間に初経を迎えると言われています。そのため、高校を卒業する頃になっても生理が来ない場合は、「原発性無月経」であり、何らかの身体障害を持って要る可能性が高いと思われます。ところが、取り敢えず初経はあったものの、その後数ヶ月生理がない事や頻繁に生理が来る事も珍しくありません。これはまだ、子宮や卵巣が未成熟であるために起こる現象で、長期間続かない限り、それほど心配する必要はないでしょう。抑も生理というのは月に一度、ほぼ定期的に来ると言うのが正常だとされていますが、それは女性としての生殖機能が成熟し、ホルモンバランスがある程度整っていて初めて見られる現象なのです。ですから、過度のストレスや無理なダイエットなどから女性としてのホルモンバランスを崩し、生理不順を抱えている人は、成人でも決して少なくありません。ましてや、生殖機能がまだ発育段階である10代半ばともなると尚更の事。むしろ、最初はきちんと定期的に生理がなくても当たり前だと言っても決して過言ではないでしょう。規則正しい食事や日常生活さえ送っていれば、きっと徐々に生理周期は安定して来るものと思われます。ただ、成人女性と同様に、思春期の少女であっても、ストレスが溜まったり、食生活が乱れたりすると、必要以上に膣からの出血が頻繁に起こります。そして、それがずっと続くというパターンもしばしばなのです。これは「若年子宮出血」と呼ばれる機能性出血の一種で、その原因は、大抵身体障害や病気によるものではありません。心配すれば心配するほど逆に、出血が増えたり長期に渡る事が考えられますから、まずは気分を楽にし、適度な運動や栄養のバランスを考えた食生活を取入れながら、しばらく様子を見るようにしましょう。そして、それでも一向に改善されないようであれば、婦人科を受診し、きちんとした診断をしてもらった上で、今後の対策を相談されればいいと思いますよ。

関連記事

  1. 0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s これでは治りませんよ!患者が薬を飲まない5つの理由とは
  2. 包茎根部接着法とは
  3. Diverse Diversity Ethnic Ethnicity Unity Togetherness Concept 世界における差別
  4. pixta_3955722_M 出産について
  5. ■このロケーションはストックフォト撮影用にレンタルしたうえで撮影を行っています。 犯罪について
  6. 月経前緊張症にご用心
  7. 矯正リングについて
  8. 性病になりやすいの?

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP