刺激物は避けた方が良い食事

大人でも喉が痛かったり口内炎ができると食事を避けたくなります。
しかしそれでは体力が衰えてしまい免疫力も低下します。
究極の選択かもしれませんが、食事はしっかり摂りましょう。

とはいえ溶連菌感染症に罹った際には、避けた方が良い食事?あるのでしょうか?
基本的に溶連菌感染症となれば喉の痛みが顕著なので、刺激物?
酸っぱいものや辛いもの、しょっぱいものが含まれているケースは、避けた方が良い食事でしょう。
具体的には唐辛子?
ただし溶連菌感染症は子供に多いので、子供は辛いのが苦手?
元々避けた方が良い食事です。

一方で酢豚は子供に人気メニュー?
それでも食べられるか本人に聞いてみましょう。
そもそも肉類は消化があまりよくないため、油物でもある中華系は溶連菌感染症に限らず、熱を伴っていれば避けた方が良い食事です。

かつて熱いお茶などは喉の消毒!
荒治療?
ありましたが、熱いものは冷ましてあげる?
熱々が売りのパターンも、避けた方が良い食事に該当しそうです。

ちなみに溶連菌感染症で身体が弱っていれば、二次的な病気も心配なので、季節を問わず生ものは避けた方が良い食事です。
甘味など口当たりの良い食事で活力アップ!
これを目指しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP