副鼻腔炎の治療

副鼻腔炎は鼻の両脇や眉毛の辺りにある副鼻腔と呼ばれる空洞に炎症が起きる病気です。
慢性化すると副鼻腔内に膿が溜まり頭痛、鼻の痛み、異臭、呼吸が苦しくなるなどの障害を起こし日常生活に大きな影響を与えます。
基本的には急性副鼻腔炎の段階で適切な治療を行えば慢性化することはありません。
しかしアレルギー体質や遺伝的な要因により慢性副鼻腔炎に移行しやすい人もいます。
副鼻腔炎の治療は、風邪や細菌感染が原因の場合は、その基礎疾患の治療が第一です。
このケースでは抗菌剤による治療が一般的です。
また副鼻腔内に溜まった膿などの分泌物を溜めることなく、すぐに適切に排出することも副鼻腔炎の治療において大切です。
一方で副鼻腔内の炎症を抑えるために血管収縮作用をもつ点鼻薬を使う治療法もあります。
副鼻腔炎は蓄膿症と呼ばれるように膿の蓄積が激しくなっており、この場合は外科手術により膿を排出する必要があります。
また鼻茸と呼ばれるポリープ状の突起物が原因で膿の排出が困難になっているケースでは外科手術によりこのポリープを除去します。
さらに鼻の左右を隔てている鼻中隔が湾曲して膿の排出を妨げているケースがありますが、この場合はこの湾曲を矯正する手術が行われます。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP