あああ

包茎の遺伝子は見つからない

包茎は遺伝するのか?
様々な病気に対する遺伝子が発見されていますが、現状において包茎を左右する遺伝子は見つかっていないようです。
とはいえ包茎の遺伝子を探そう!という努力もされていないようなので、本当に包茎の遺伝子はないのか?
明確なことはわかりません。

イグノーベル賞?にも代表されるように、まともな観点から鑑みると、何故そんなことを研究している?と首を傾げたくなる医学者もいます。
美容系はその典型かもしれません。
しかし人間の欲求には際限がない!であれば、世界のどこかで包茎の調査をしている!
将来的に包茎遺伝子が登場してもおかしくはないでしょう。

そもそも人間の形態に関する部分は、遺伝が大きく影響するものです。
つまり親の身長が高ければ子供も高くなる!
これは遺伝学を知る以前から感覚的に理解されており、家畜や作物の選抜育種に適用されてきました。
そうであればチン長も親から遺伝する?
先っぽの皮の長さや厚さも遺伝する?
そう捉えても間違いはないでしょう。

ただし遺伝でも100%ではなく、環境要因?
個人の努力で仮性包茎ならば克服できます。
何事も遺伝が運命ではなく、天は自ら助くる者を助く!
奇跡が生まれるのは、こんな瞬間です。

関連記事

  1. 続発性より怖い原発性無月経
  2. 支援施設の種類
  3. 障害者のための借金被害対策
  4. 生理痛は月経困難症という病気
  5. 生理と頭痛の関係は?
  6. pixta_18106716_M 特別手当とは
  7. pixta_18106716_M 障害者の就職と障害者自立支援法
  8. 生理と閉経の前後と更年期障害について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP