医療用ロボットによってもたらされる5つのメリット

Medic Robot. Repair concept. Isolated

1月27日、中央社会保険医療協議会は筋力の低下した患者が医療用ロボットを使って治療を行った結果、改善効果が認められた事から、医療用ロボットでの治療について保険適用する事を承認しました。
これからますます医療用ロボットが活躍するシーンが増えていくであろう事は容易に想像出来ます。医療業界にもいろいろと課題があるのは事実ですが、これによってそれまでであれば諦めるしかなかったような事も改善出来るようになる可能性が出てきます。
そこで、医療用ロボットによってどのようなメリットがもたらされるのかをいくつか挙げてみるとしましょう。

人間では出来ない事が可能になる

人間だけの治療ではどうしても得られないメリットを得られるようになる。これこそが大きなメリットです。医療用ロボットのおかげで、それまでの「医師による治療」ではどうしても出来ない事。
例えば24時間医療用ロボットがサポートしてくれたりですとか、力を軽減しても生活を送れるようになるなど、医療用ロボットがあればこそ治療出来る事も多々あります。
それが保険適用という事でより多くの人が受けられる機会を得たのです。自由診療ではどうしても料金もそれなりのものでしたが、保険適用ともなれば料金も低廉化していくでしょうからね。

データの収集に役立つ

医療は症例が多い方が役立つのです。決して人間をモルモットにしている訳ではないですが、症例が多い方が研究データが多いとも言えます。
医療用ロボットでの治療データが増えていけば、医療用ロボットそのものも進化しますので、現段階ではまだまだ叶わないような事であっても、今後の研究によって改善出来るようになるかもしれません。
データが多い方が改善点も見えてきますので、より多くの人が利用出来るようになる今後こそ、医療用ロボットがより進化するタイミングなのかもしれません。

スマートフォンとの連携

今回医療用ロボットが保険適用された件で、医療用画像をスマートフォンで共有出来るとも発表されています。患者にとってもまた、どのような状況となっているのかを把握しやすくなりますので、医師との信頼感も芽生えやすくなるのではないでしょうか。
医療は自分自身が何をされているのか分からない事こそが不安ですが、医療用ロボットのおかげでスマートフォンと連携出来るようになれば、患者にとってもどのような状況なのか分かるようになるのですからありがたい話です。

医療とITの融合が更に加速する

医療もまた、ITの影響が出るようになるでしょう。医療用ロボットはもちろんですが、例えば医療用ロボットに取り付ける事で更に便利になる物が出てくるかもしれません。
スマートフォンのように、サードパーティーのオプションによって更に快適に、さらには高度な医療を可能にしてくれるようになるかもしれないのですから、可能性が広がっています。
特にこれからは高齢者向けの医療が重要になってくる我が国にとっては、医療用ロボットの存在はとても心強いものになってくれるでしょう。

人材不足を補ってくれるかもしれない

我が国は少子高齢化のおかげで様々な産業で人手不足が起きています。これは医療の世界も同様なのですが、医療用ロボットが更に進化し、より普及する事になれば医療の現場の人手不足を補ってくれるかもしれません。
つまりは我が国の産業そのものの在り方さえ変えてくれるかもしれないのです。医療に留まらず、大きな可能性を秘めているジャンルと言っても良いのではないでしょうか。
もちろんまだまだこれからではありますが「可能性」に関してはかなりのものがあるのではないでしょうか。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP