医療費控除可

インプラントは完全な自由診療であり、医療費は全額自己負担です。1本当たり10万円程度するので、命に直接関わらない治療にどこまで医療費をかけられるのか?まさしく人それぞれ、緊急度に応じた決断でしょう。

一方でインプラントに限らず、一定額以上の医療費を支出した場合には、所得税の申告に際して控除を受けられます。サラリーマンであれば会社が年末調整をしているので実感はないでしょうが、経理担当者に相談すれば、医療費控除の方法を教えてくれます。もちろん世帯単位の収入状況によって異なりますが、通常は年間10万円以上の医療費を支払っていれば、10万円を超えた金額が控除対象になります。ただし領収書を集めておく必要があるので、年の途中で気付いたならば難しくなりそうです。

なお控除可能な医療費とは、詳しい内容は税理士や社労士、インプラント実施クリニックに尋ねるべきですが、インプラントを含むすべての医療費、市販の風邪薬を買ったケースも合算できます。とはいえ常識を外れた?華美なインプラント!明確な基準はありませんが、見るからにやりすぎ!と判断されれば控除の対象外です。また同時に行った予防措置は医療費に算入できないので注意しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP