口内炎とは

口内炎とは口の中の粘膜にできる炎症の総称です。
一般的に唇や舌の裏、内頬などに小さな白色斑ができます。
場合によっては食事や会話ができないほどの痛みを伴うケースもあります。
口内炎には細菌やウイルスなどの感染症によるもの、また歯ブラシや入れ歯などの外部刺激によるもの、さらにビタミン不足やストレスなどの体調不良によるものなどに分類できます。
胃腸が荒れていると口内炎ができると言われますが、これは胃と口内の粘膜が続いているためと言われています。
一般的に見られる口内炎はアフタ性口内炎と呼ばれるもので、円形の潰瘍・ただれができ、やや窪みがあり、痛みを伴い、通常は1週間程度で自然治癒します。
しかし塩味や辛味が沁みるため、食事などに影響がでます。
軽度な口内炎の場合は特に問題はありませんが、頻繁に口内炎が発症する場合は過度のストレスがあったり、不規則な食生活、重症の場合は癌やベーチェット病など、他の重篤な疾患の可能性もありますので、医療施設で検査をされることをお奨めします。
体質的に口内炎に罹りやすい人や罹りにくい人などがありますが、口内を清潔に保ち、歯ブラシなどで傷つけることなく、規則正しい生活をすることが口内炎の予防につながります。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP