口内炎と思ったら?チェックしたい3つのポイント

beauty and dental health concept - beautiful woman with green toothbrush

死ぬことはない?
口内炎を甘く見ていませんか。
もちろんほとんどの口内炎は?
1週間程度で治ります。
しかし治らない口内炎があれば?
油断してはいけません。
命にかかわる病気の可能性も否めません。
そこで口内炎と思ったら?
3つのことをチェックしましょう。

■口内炎になった際のチェックポイント
いつものような口内炎?
しかし口内炎ができた際には、必ず次の3点をチェックしましょう。

1.痛みがあるか
通常の口内炎には痛みがあります。
しかし痛みがない場合は?
逆に要チェックです。
食べ物が染みたりしないけど?
口内や舌の裏などに白いものがあれば?
注意しましょう。
もちろん赤く腫れていたり変な色をしている場合も?
気を付けておくべきです。

2.二週間以内に治るか
ほとんどの口内炎は一過性です。
風邪を引いているなど、よほど体調が悪くない限り?
2週間もあれば治ります。
また市販薬を使えば?
完治に1週間もかからないでしょう。
とはいえ2週間以上経っても治らないなら?
体調管理も含めて、注意が必要です。

3.柔らかく窪んでいるか
いわゆるアフタ性口内炎であれば?
炎症を起こして水が溜まった状態です。
そのため触ると柔らかいでしょう。
またクレーターのように窪んでいます。
これならばほとんど問題はありません。
しかし触ると硬さがあったり盛り上がっていれば?
要注意です。

■栄養不足の可能性もある
口内炎を含めて口の中が荒れている際には?
栄養不足の可能性があります。
よく言われるのがビタミン不足です。
ビタミン剤を服用すると?
口内炎が治ったり罹りにくくなります。
日頃から野菜不足を実感している人は?
サプリなどで調整しましょう。
一方で鉄分が不足した場合も?
舌に異常が現れます。
舌がツルツルピカピカしてきたら?
早めにお医者さんと相談しましょう。
鉄欠乏性貧血の危険があるようです。
体内のどこかで出血が起きているパターンも否めません。
放置すると二次的な病気に襲われるリスクが高まります。

■口腔がんの可能性もある
口内炎は?
通常痛みを感じます。
しかし痛みのない場合には?
そもそもその時点でおかしいと考えて早めに口腔外科などを受診しましょう。
それは口腔がんである可能性が否めないからです。
がんは知らない間に進行します。
もちろん痛みなどの自覚症状がなければ?
医者に行こうとは思わないでしょう。
とはいえそれががんを育ててしまいます。
後日鏡を見てビックリ!
口の中が大変なことになっています。
なお口内のがんが進行してくると?
口臭が強くなったり、ろれつが回らなくなる?
そんな症状もあるようです。
早く気付けば完治は可能です。
ただし口腔がんの怖い点は?
気付かずに手遅れとなることです。

■がんを発見するポイントは
口腔がんを早期に発見するポイントについて、最後にまとめておきましょう。

1.鏡を見る
日頃から口の中を鏡で見る習慣を付けましょう。
これは虫歯や歯周病の予防にもつながります。
いずれも自分では気付きにくい病気です。
一方で気付いた時には手遅れ!
歯を失う原因にもなります。
定期的に歯医者さんでチェックしてもらうのも良いでしょう。

2.口臭を確認する
口臭も自分ではわかりにくいものです。
また他人も?
遠慮して教えてくれません。
一方で、口が臭い!
直接言われると?
腹が立ちますね。
しかし言ってくれる人に感謝しましょう。
なお小学生くらいの子供であれば?
ダイレクトに感情をぶつけてくれます。
コミュニケーションや認知症予防も兼ねて?
小さな子や孫などと会話する機会を持ちましょう。

3.舌を動かしてみる
日々舌を動かしてみましょう。
違和感があれば?
直ぐ鏡を見てチェックしましょう。
そして上記に該当すれば?
早急に医療機関を受診しましょう。
何事もなければ?
笑い話で済みます。
なお舌を動かすことはアンチエイジング対策にもなります。
口の衰えこそ老化の一歩です。
口が達者な人は?
闊達なので病気にも罹りにくいようです。

■素人判断は危険です
がんは早期発見なら治る病気です。
素人判断をせず、専門家の判断を仰ぎましょう。
1日の違いが?
大きな違いを生むことがあります。
まさしく注意1秒、怪我一生です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP