周囲炎の特徴は

いたちごっこ?
語源の由来は様々ですが、元は遊びから来ています。
しかし医療業界でもいたちごっこ?
盛んに指摘されるのは抗生物質と耐性菌の関係です。
一方インプラントに関してもいたちごっこ?
新しい技術が登場すれば、副作用?
問題点が浮上するようです。

例えばインプラントに付随する事例として周囲炎があります。
そもそも歯周病などが原因となって歯が抜けた!
だからインプラントを試すのでしょうが、逆にインプラントが原因で歯周病のようになった?
これが周囲炎です。

インプラントにすれば半永久的!との安心感がありますが、それが周囲炎の引鉄?
油断するとインプラント基部と歯茎や骨などの間に細菌類が侵入しやすくなります。
インプラントの場合には、本来ならば細菌類の侵入を防ぐ目的を有する歯根膜がなくなるので、これも周囲炎を促す要因と指摘されています。
インプラントにしたならば、これまで以上に口内ケア!
正しい方法による歯磨きが大切です。

ちなみにインプラント周囲炎の特徴は、一般的な歯周病に比べて炎症が小さく出血しにくい!
進行が遅く痛みがないため自覚しづらい?
そして歯のぐらつきがないことなどです。
周囲炎に対する注意を怠れば、すべてが台無しです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP