喉や舌の痛みで飲食できない

痛みに対する感受性は人それぞれです。
本来なら痛みがないはずなのに痛い?
心因性の痛みもあるようです。
もちろん心の痛みも深刻ですが、捉え方次第で痛みは解消されるものです。

では溶連菌感染症に罹った場合の痛みとは?
最も多いのは喉の痛みでしょう。
溶連菌感染症の主症状は喉の腫れと痛みです。
痛みで飲食ができないと体力や抵抗力が落ちたり、水分が摂れないと脱水症状になるので、痛みを侮ってはいけません。
特に溶連菌感染症は子供で発症しやすく、子供は喉が痛いと、脱水状態の苦しみ?より喉の痛みを優先して水を飲むのを嫌がります。
そんな時は、消化不良を起こしていなければ、甘味のあるジュースや果物類でも良いでしょう。
とりあえず水分補給が第一です。
また溶連菌感染症では舌の痛みを伴うこともあります。

一方で皮膚に発疹が現れる溶連菌感染症では、かゆみとも痛みとも判別できないような感覚に襲われます。
子供は引っ掻いて、爪の隙間に雑菌が入り、その指で別の箇所を触ると、そこで溶連菌感染症が生じる?
とびひとも称される伝染性膿痂疹はこのパターンで広がっていくので注意しましょう。

痛みでイライラしたり睡眠が妨げられると、治るものも治りません。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP