あああ

堂々としたいなら正しい知識

人間は秘密を抱えると弱くなるものです。
ばれたらどうしよう?
積極的になれず、それを隠すために嘘を重ねる?
悪循環に陥ります。
秘密を持つことは精神疾患に移行しやすいので、なるべくなら堂々としたいものです。

例えば男性なら包茎の悩みは切実ですが、変に拘るとよけい周りの眼が気になります。
銭湯でも、案外他人の包茎を意識することはなく、逆にびくびくしていたりタオルで隠していると、包茎?と疑われます。
とはいえ包茎が発覚したらいけないのか?
堂々としたいなら気持ちを切り替えることが一番です。
開き直れば怖いものはなくなります。

女性の前でも堂々としたい!
もちろん包茎が原因で包皮内の炎症に至れば女性にも被害が及びます。
特に女性の生殖器官は複雑であり、尿道が短いので尿道炎や膀胱炎に罹るケースが稀ではありません。
大切なパートナーであれば、包茎でも堂々としたい!以前に健康を労わる配慮が欠かせません。
異性にもてない理由は、肉体的な問題ではなく思いやりや優しさの欠如にあるようです。

なお包茎に限りませんが、堂々としたいなら正しい知識を身に付けましょう。
そうすれば他人から批判を受けても揺るぐことはなく、反対に相手が動揺するものです。

関連記事

  1. pixta_19912492_M モラルの問題ではない
  2. 生理と頭痛の関係は?
  3. ハローワークの障害者雇用枠
  4. pixta_18106716_M 障害者の就職と障害者自立支援法
  5. カントン包茎の包皮を戻す方法
  6. 必ず隠す性格は将来治らない
  7. 包茎は最大のプライバシー
  8. 生理を知ろう

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP