夏の水道水で下痢?

その昔、まだ日本に冷蔵庫というものがなかった時代には、市街地で夏場に冷たい水を飲むのは至難の技でした。
そこで、氷室と呼ばれる山間部などの天然の冷蔵庫で冬の間に作っておいた氷を入れた氷水を売りに歩くという商売が繁盛していたのですが、何せ、元々消毒された水道水なんぞない訳ですから、その辺の川の水に氷を入れて売っていたオヤジも多かったんですね。
無論、今とは違い、その頃は川の水もまだ綺麗で、飲もうと思えば飲めました。
ですが、それでも、やはり体力のないお年寄りや子供が飲むと、おなかを壊して下痢をしてしまう事もしばしば!
という事で誕生したのが、"年寄りの冷や水!"という言葉なのだそうですよ。

流石に今では、氷水売りなんていうおじさんは来ませんから、その水を飲んで下痢をするなんていう事もないでしょう。
ですが、水道水を飲むと下痢をしてしまうという方は少なくありません。
しかも、冬場は大丈夫なのに、夏場になると、そういう現象に見舞われてしまわれる方が急増するため、水道水の評判が悪くなったり、ウォーターサーバーやミネラルウォーターの売れ行きが良くなったりする訳です。

けれど、夏に水道水を飲んで下痢をされる方の多くは、水質より、水量に問題がある事が珍しくありません。
つまり、飲んだ水が悪かったのではなく、飲み過ぎて、体が吸収出来ないために、大半を排泄してしまっているだけの話だったりなんかもするのです。
ですので、やはりまずは水分補給は大切ですが、本当に必要な時に、本当に必要な量だけ摂取するように心がけられる事が大事ですね。

後、夏場のように沢山水を飲んでしまいがちになってしまう時期は、ミネラルウォーターの飲み過ぎイコール、ミネラルの取りすぎになってしまう事もあって、これが下痢の原因になっている方もおられる事でしょう。
そうなると、ウォーターサーバーをお使いになる場合でも、極力ミネラル分が少なく、人体への負担の少ない軟水を選ばれる事が大事なのではないかと思いますね。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP