妊娠うつ、産後うつにご用心

■妊娠うつ、産後うつにご用心
近年増加の一途をたどる「鬱(うつ)」。
精神疾患のひとつで、気分が落ち込む状態のことを指します。
女性の場合、結婚・妊娠・出産・育児などによって、「うつ」になる人も多くいます。
このうち、「妊娠うつ(産前うつ)」「産後うつ」は、本来一過性のもので、本来はあまり心配するものではないのですが、近年は自覚のないまま重症化する例も多く報告されていて、特に「産後うつ」については悪化してしまわないよう注意が必要です。
◆妊娠うつはほぼ一過性妊娠うつは、ホルモンバランスが急に変化することと、出産に対する心理的不安が大きく影響しています。
他に精神的リスクがなければ、一過性のもので済むことが多いので、あまり心配はありません。
◆産後うつは誰にでもある産後うつも、本来は一過性のものです。
涙が出たり、不眠になったりと、気分が不安定になってしまうことが多く、数ヶ月もすれば落ち着いてきますから、心配はいりません。
ただ、育児の疲れやイライラ、不安定な自分に対する不安が増大してくると、重症化してうつ病になってしまうことも。
産後うつや育児不安は誰にでもあることですから、無理せず休養を心掛け、心療内科やカウンセリングも利用しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP