妊娠中の拒食症

妊娠すると、ついつい食べ過ぎてしまって、体重が増加してしまうというのは一昔前までの話!今はその真逆で、妊娠すると拒食症に陥る女性も少なくないと言われています。
勿論、妊娠中の必要以上の体重増加は様々な面でよろしくありませんから、適度な運動とバランスのいい食事を適量取る事は何より大切です。
けれど、妊娠中の体重増加を強制的に止めてしまうのもまた、実に危険な行為であるという事を知っておきましょう。
妊娠すれば、初期の頃はつわりが酷くて、食欲不振になる人や食べられる物が限られて来る人も大勢います。
しかし、妊娠安定期に入ると、今度は食欲が増すというのが自然の原理で、それを無理に抑圧しようとすると、今度は拒食症になる事が往々にしてあるのです。
これを「プレゴレキシア」と呼び、多くのドクターたちが、この妊娠中の拒食症に懸念を示しています。
何故なら、プレゴレキシアママの多くは、早産や死産のリスクが高く、8ヶ月から9ヶ月頃に帝王切開で未熟児を出産する事が多いからです。
実際、母胎が十分な栄養摂取をしていなければ、水分も血液量も少なく、出産という大仕事には耐えられません。
結果、貧血や心不全による母子の生命の危機を救うためにも、自然分娩は困難だと判断するよりしかたがないんですね。
加えて、胎児は母親の胎内に長期間いればいるほど、栄養失調による発育不全が深刻になり、障害児として産まれて来る確率が増します。
そこで、早期に分娩させる必要性が出て来るのです。
確かに、女性はみんな太るのは嫌だと思うものですが、心配するでなかれ!赤ちゃんが産まれて育児に追われるようになれば、寝る間も惜しんで動き回らなければなりません。
その時、食事の内容と量に気を付ければ、いくらでも痩せられます。
なので、妊娠中はそれなりに太ってもいいんです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP