妊婦について

冬の乾燥期には風邪やインフルエンザなどの感染症に注意したいものです。
インフルエンザ自体は安静にしていれば1週間程度で治る病気ですが、妊婦さんの場合は抵抗力が弱っていたり安易に薬が使えないので、稀に高熱からインフルエンザ脳症になるケースがあるようです。
そのため妊婦さんの場合はインフルエンザ脳症への予防も兼ねて積極的にインフルエンザワクチンの予防接種をすべきとされています。
ちなみに人間は、母胎内で胎盤を通じて免疫を胎児に与えることができるとされており、インフルエンザウイルスに対する抗体も妊婦さんが生まれてくる子供に与えることができるようです。
時に乳幼児はインフルエンザから移行するインフルエンザ脳症に罹る危険が極めて高いので、この点からも妊婦さんへの予防接種は必要と考えられています。
インフルエンザ脳症は大人の場合はほとんど心配する必要はありませんが、初めての子供の場合は、何が起きたのかわからないことだらけでパニックに陥り、気付いた時にはインフルエンザ脳症が進展している!ということが少なくないので、妊婦の時から医師や保健師などと相談できる体制を作っておくことが大切です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP