子宮頸がんを予防する5つの方法

pixta_3991597_M

子宮頸がんは、女性特有のがんです。
昨今は患者数が増えている?
しかし原因を理解すれば?
予防は十分に可能です。

・子宮頸がんを予防する5つの方法
1.感染を避ける
2.不特定多数と交わらない
3.予防接種を受ける
4.がん検診を受ける
5.正しい情報

では具体的に解説してみましょう。
1.感染を避ける
子宮頸がんは?
ヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるものの感染によって生じることがわかっています。
そういう意味では?
HPVの感染を避ける!
これが一番の予防法です。

ならばHPVはどのように感染するのか?
ほとんどは性交渉です。
そのため性交渉を避ければ?
ほぼ確実に子宮頸がんを予防できます。
弱いウイルスなので、空気感染しません。
触れただけでも感染しません。

とはいえ子宮頸がんが怖いから?
一生誰とも交わらない?
それもひとつの選択ですが、非現実的?ではあるでしょう。

2.不特定多数と交わらない
性交渉をしてもHPVの感染を予防したい!
どうするか?
HPVを持っていない人と交わる!
言い換えるなら?
不特定多数と交わらない!
ブライダルチェックのように?
自分のパートナーと一緒にあらかじめ検査を受ける!
そしてHPVに感染していない旨を確認してから交わる!
これもひとつの有用な予防法です。

とはいえHPVは巷に溢れたウイルスでもあります。
つまり成人男女の7割程度は既に感染している?
そんな統計もあります。
ただし男性はウイルスがあっても病気にならない?
子宮頸がんだけ特別なようです。
不公平?
それでもこれが現実です。

3.予防接種を受ける
子宮頸がんは女性特有の病気です。
ならば?
女性の側が積極的に予防措置を講じるべきなのでしょう。
自分の身は自分で守る!
そういう点から?
昨今は子宮頸がんの予防接種を受ける!
それが可能になっています。
性交渉を始める前の段階で?
ワクチンを接種することが推奨されています。

なお一部には重篤な副作用が生じている?
子宮頸がんか副作用か?
究極の選択のように報道されています。
そのため接種前には?
十分なカウンセリングを受ける!
体調を整える!
アフターケアを徹底する!
これが重要です。

とはいえ高校生が子宮頸がんの予防接種を受けるということは?
性交渉を前提にしている!
親としては複雑な心境です。

4.がん検診を受ける
現実的な子宮頸がんへの対応は?
定期的にがん検診を受ける!
HPVの感染後から子宮頸がんが発症するまでは?
10年程度の潜伏期間があります。
また感染していても全員が発症するわけでもありません。
そういう意味では?
自分の状態を知るためがん検診を受ける!
これが子宮頸がんを早期に発見する!
悪化を予防する点からは?
極めて重要かつ実用的な対策でしょう。

とはいえ検査方法が恥ずかしい?
しかし子宮頸がんに限りませんが、健康診断やがん検診を受ける!
長寿を目指す社会であれば?
その心掛けこそ、求められてくるでしょう。

5.正しい情報
インターネットやマスコミから時々刻々多くの情報が流れてきます。
しかしそこから正しい情報を入手しましょう。
変な噂に流されて間違った予防法を試している?
稀ではありません。
また子宮頸がんワクチンを異常に恐れる?
それも困った話です。
重篤な病気に陥るのは辛いものです。

とはいえ自分にとって何が大切なのか?
それを第一に考える!
そして行動するために正しい情報を選び抜く能力を養う!
これからの高度情報社会では?
この姿勢こそが不可欠です。

以上、日々心掛けてみましょう。
昨今は、変な意味で?
注目されているのが、子宮頸がんです。
若い女性でも発症するがんなので、早めの対応が不可欠です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP