小中学生はかかりやすい年齢

溶連菌感染症にも様々なタイプがありますが、一般的にはA群溶血性連鎖球菌により発症するタイプを狭義の溶連菌感染症と呼んでいます。

多くの人は溶連菌感染症が子供の病気?とイメージしているでしょうが、実際にかかりやすい年齢はあるのでしょうか?
意外と乳幼児がかかりやすい年齢?と考えがちですが、溶連菌感染症にかかりやすい年齢層は小中学生?
すなわち5歳から15歳までと言われています。

もちろんこれ以外の年齢でも体力が低下していれば発症します。
特に溶連菌感染症の子供がいる家庭内での感染?
親やその兄弟姉妹!
そして同居している祖父母?も油断してはいけません。
風邪やインフルエンザと同様に、変に怖れる必要はありませんが、二次感染を防ぐ対策は十分にしておきましょう。

なお溶連菌感染症にかかりやすい年齢、いわゆる小中学生は学校などで集団生活を送っています。
そこで菌をもらうことがほとんどなので、授業中もマスクを付ける?
違和感はありますが、流行の兆しがあれば、それも一法です。

とはいえ小児は多様な病気にかかりやすい年齢?
一方この年齢時で免疫力を培うことが将来的にも大切です。
過度な清潔志向は抵抗力を弱める結果になるため注意しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP