あああ

尿路感染症について

真性包茎は病気の一種であり、治療に際して健康保険を使うことができますが、包茎は必ずしも治療すべき症状とも言えないようです。つまり変なコンプレックスを気にしなければ、包茎の状態であっても日常生活、そしてパートナーとの性行為においても問題はありません。ただし包茎で注意したいのは清潔に保つことです。どうしても包皮内に恥垢が溜まりやすくなり、そこから細菌繁殖を招き、放置していると尿路感染症の危険も出てきます。なお尿路感染症といっても様々ですが、ペニスの痛みを伴ったり、膀胱炎や腎臓障害などに進行する可能性も否定できません。またパートナーに対しても尿路感染症をうつすことになりかねません。女性の場合は尿道が男性より短かいので、尿路感染症に罹ると膀胱炎を起こしやすく、時に膣から子宮へと感染が広がり、最悪の場合には不妊症になることもあるので気をつけましょう。ちなみに包茎手術をした後も消毒が不十分であったり、術後ケアを丁寧にしないと化膿したり尿路感染症につながることがあるので、クリニックでの指示には素直に従うことをお奨めします。術後直ぐに自慰行為や性行為をすると形を歪めることにもなりますのでご注意ください。

関連記事

  1. 3d white people. Handicapped person in job interview. Isolated white background. 障害者雇用促進法
  2. pixta_14536441_M パラリンピックとは
  3. imasia_700730_M 車の運転について
  4. 包茎の種類
  5. pixta_18106716_M 障害の軽度と重度の判定
  6. 生理を知ろう
  7. 生理とは違う出血があったら
  8. 矯正リングについて

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP