あああ

市販薬でも注意しましょう!薬を止められない理由は何か

pixta_11234111_M

違法薬物は多種多様です。
昨今は取締りの強化により減る傾向を示していますが
脱法ハーブもあります。
麻薬、覚せい剤も含めて、
すべては人体に対して悪影響を及ぼします。
最大の悪影響とは?止められないことです。
とはいえ合法的に薬局で売られている薬剤であっても?
仕組みは同じです。
鎮痛薬が手放せない人は?注意しましょう。

わかっていても手を出す理由

元プロ野球選手による薬物疑惑報道が連日のようにあります。
とはいえ彼だけではありません。
地方議員や校長先生!
さらに医師までもが薬物に手を染める事例が絶えません。
それらの人たちは、子供達が手本とすべき対象です。
もちろん当人も、やってはいけない!わかっているはずです。
しかし手を出してしまう。なぜでしょうか。

1.身近くにあるから

薬物に手を出す最大の理由は何でしょうか?
身近にあるからのようです。
例えばネットで簡単に検索できます。
さらに中高生でも買える値段?これも大きいですね。
初心者セット?数千円で購入できます。
とはいえゲームと同じシステムです。
徐々に課金されていく?値段が上がっていきます。
人間の心理を突いています。
ゲームに嵌りやすい人は要注意です。

2.良いことしか信じない

本能的な問題でしょうか。
人間は都合の良いことしか信じようとしません。
薬物の快楽は直ぐに信用します。
しかし一方で薬物の恐ろしさについては?
軽視していますね。
人体への弊害も問題ですが、
将来的に仕事ができなくなりますよ。
社会的制裁も無視できません。
そういう意味では、
占いに嵌りやすい人は要注意かもしれません。

3.ストレスを解消したいから

身近にあっても病気にならないと薬は飲みませんね。
しかし頭痛があれば鎮痛薬を飲みます。
お腹が痛ければ下痢止めを飲むかもしれません。
それと同じ心理ですね。
精神的なストレスや疲労を緩和するには?
手っ取り早い「治療薬」です。
初めはそうやってアプローチされます。
芸能およびスポーツ関係者は要注意です。
一方でダイエット効果がある!これは決定打ですね。
主婦などが嵌りやすい常套文句です。

わかっていても止められない理由

気合で育った世代には理解しづらいですか。
つまりプロスポーツ選手や医師のように
精神力が強いはずの人でも止められない?
禁煙も気合では難しいですね。
そのメカニズムについて考えてみましょう。

1.脳を麻痺させる

違法薬物系の共通点は、脳を麻痺させることです。
そして快楽を与えることです。
その快楽を知ってしまうと?またやりたくなる!
ゲーム、ギャンブル、買い物、アルコール!
それぞれの依存症と仕組みは同じです。
これは気合では止められません。病気だからです。
ある意味では、
神経を麻痺させるくらいの薬が必要になるのでしょう。
毒を持って毒を制する?
それほど深刻なことが脳では起きているのです。

2.止める恐怖感がある

市販薬にも共通することです。
毎日のように何らかの薬を服用している人は注意しましょう。
つまり今薬を止めて大丈夫か?
漠然とした恐怖感があります。
今の健康は飲んでいる薬のおかげ?
そう考えてしまったら?
市販薬でも手放せませんね。
一種のプラセボ効果でもあります。
それがたとえ意味のない小麦粉の塊であっても?
効くと思えば効いてしまうのです。
これも脳が騙されている?
麻痺しているのと同じです。
少しずつ使用頻度を下げていくことが大切ですね。

3.ばれてしまう恐怖感がある

違法薬物のケースでは、
止めようとしても売人から脅されるケースがあるようです。
つまり買うのを止めたら今までのことをばらすよ?
そう囁かれたら、止めるに止められません。
そういった心理も深刻です。
すべてを清算する勇気があるか?
ここでも精神力は無力なのでしょうか。
恐怖感を消すために、また使ってしまうのでしょう。

止めるには毎日が戦い

薬物を止めるには、毎日が戦いです。
瞬間瞬間で薬は使わない!
そうやって自分に言い聞かせないと、
身体は薬を求めてしまうようです。
繰り返しますが、
これは違法薬物だけの問題ではありません。
市販薬も含めて、薬への依存体質を失くしましょう。
依存傾向のある人ほど、違法物にも嵌り易いようです。

関連記事

  1. 幼少時の包茎は問題なのか?
  2. 包茎の種類
  3. 手術の痛みについて
  4. pixta_11426029_M 肝臓機能障害とは
  5. 仮性包茎と皮オナニー
  6. タオルで隠すのは言い訳
  7. pixta_18106716_M 障害者の自立と自立支援
  8. 012 歯科医を選ぶ際の5つのポイント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP