年明け前から花粉症対策を始めましょう

imasia_10100810_M

異常気象とは言いますが、季節は巡ってきます。
年末が近づけば?
そろそろ花粉症のシーズンです。
クリスマスやお正月などの楽しいイベントはありますが、その先は?
ブルーな気分ですね。
もちろん年末年始の暴飲暴食は?
体調を崩す原因です。
花粉症が深刻な人は?
限度を弁えましょう。
とはいえ年明け前からできる新しい花粉症対策はないのでしょうか。

診察してもらいましょう

毎年のことだから?
油断してはいけません。
必ず1年に1度、シーズン前に医療機関で診察してもらいましょう。
本当に花粉症なのか。
他にアレルギーはないのか。
中には花粉症と思い込んでいる人も少なくないようです。
もちろん予防薬を処方してもらいましょう。
軽度の花粉症なら市販薬でも良いでしょう。
とはいえ花粉症はスタートが肝心です。
花粉が襲ってくる前に?
身体の準備をしておきましょう。
それだけでも違ってくるようです。

舌下免疫療法

今注目されているのが、舌下免疫療法です。
2014年10月に治療薬が発売されました。
これは花粉のエキスを少しずつ体内に取り込ませて身体を徐々にアレルゲンと慣れさせていくやり方です。
ただし医師と二人三脚でやっていく必要があります。
そして完治までに平均して2年かかります。
これを長いと思うか。
しかし治療を始めなければアレルギーは一生治りません。
もちろん家電の買い時と同じかもしれません。
来年はもっと新しい治療法が現れる?
楽観的に考えればストレスが緩和されます。
花粉症が楽になるかもしれませんが。

ヨーグルトが凄い

アレルギーを治すには、体質改善が一番です。
とはいえ簡単ではありませんね。
しかし昨今はヨーグルトが凄いことになっています。
ヨーグルトや乳酸菌と言っても、すべてが同じではありません。
中には免疫力を高めてくれる製品があるようです。
例えば機能性ヨーグルトと呼ばれるものです。
具体的に花粉症対策を謳っているのは?
・カルピスのL92
・オハヨー乳業のL55
・伊藤園のフェカリス菌
・日清のT21、などです。
その他にもアレルギーの緩和が期待できる商品もあるようです。
いくつか試してみて自分に合うものを続けてみましょう。
食べ物や生活習慣から地道に変えていくのが?
結果的には近道のようです。

花粉症グッズ

花粉症などのアレルギー対策は?
食中毒や感染症などのケースと同じです。
つまりアレルゲンを近づけないことです。
マスクやゴーグルなどの花粉症グッズを準備しましょう。
また室内に持ち込まないことも重要です。
そのため花粉が付着しにくい繊維を使った服なども利用してみましょう。
とはいえ完全に入れないことも難しそうです。
ならばPM2.5対策にもなる空気清浄機も検討の余地ありです。
もちろん100%シャットアウトできませんが近づく量が少なければ?
症状も軽くなります。

情報収集に努めましょう

花粉症対策では敵を知ることも重要です。
つまり2016年の花粉飛散量はどの程度でしょうか。
一般的に前年の夏が暑いと花粉量が多い!
言われています。
2015年の夏も暑かったですね。
とはいえ後半は長雨で涼しくなりました。
ということで2016年の飛散量は例年より少ないとの予報が出ています。
ちょっと安心できそうです。
しかし楽観しすぎてもいけません。
常に新しい情報の収集に努めましょう。

治験に参加する

いくつかの医療系メーカーが花粉症を含めたアレルギー対策の薬を開発中です。
治験の参加者を募集しているケースは案外あるものです。
ネットで探す?
もしくは医療機関で尋ねてみましょう。
なお真偽のほどはわかりませんが、治験参加者の中で花粉症が劇的に改善した人がいたようです。
とはいえ実際にはプラセボ効果?
つまり薬の有効性を調べるために偽薬を飲むグループに入っていたようです。
それでも人間の思い込み?
やはり人体に秘められた未知のパワーこそ万能薬になるのでしょう。
例えば花粉症に罹っていない人を思い浮かべてみましょう。
ストレスを感じなさそうな人が多いのも事実です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP