年齢制限について

一般的な子供の虫歯治療に際して、最近は抜歯しない傾向にあります。
高齢者であっても同様であり、なるべく自分の歯を残すようにすることが近年における歯科治療の流れになっているようです。
もちろん乳歯の場合は抜歯しても永久歯が生えてきますが、時に変な場所に永久歯が生えてくることがあるので、乳歯といえどもその対処には充分な注意が必要です。
なお高齢になると歯周病などが原因で歯が抜ける(抜く)ケースが増えており、その対応策として入れ歯を使うことが多々ありますが、昨今は技術進歩もあり、インプラントを利用する人が少なくありません。
原則としてインプラントの適用に際して年齢制限はなく、高齢者であっても顎の骨がしっかりとしており、他の重篤な病気を有していなければ問題ありません。
一方で若年者に対するインプラントの年齢制限もありませんが、永久歯が生え揃い骨の成長がある程度落ち着いた段階、通常16歳以上という年齢制限を設ける歯科医が多いようです。
とはいっても、余程歯や顎に病気がなければ、子供の段階でインプラントを考えることは極めて稀と言えるので、インプラントに年齢制限はない!と考えても間違いはないでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP