あああ

幼少時の包茎は問題なのか?

海外には、宗教上の理由から通過儀礼のひとつとして、幼少時に包皮を切除する!いわゆる割礼を実施する文化があります。
この行為自体を否定できませんが、日本に割礼の風習はないため、一般的に日本人は包茎が多いと言われています。
もちろん割礼は医学的な根拠から生まれたものではありません。
ならば医学的に幼少時の包茎は問題なのか?
そもそも何故亀頭が包皮で覆われているのか?
それを考えることが重要です。

すなわち幼少時であればペニスは単なる排泄器官です。
そのため大切な亀頭を守ることは理に適っています。
一方成人になって包茎だと問題なのか?
正常に尿や精液が排出できれば、包茎でも心配ありません。
ただし包皮で精液の流れがブロックされたなら?
つまり射精には勢いが必要です。
女性の膣内、子宮頚部を突き進まなければならないためです。
包茎の場合はこれを妨げて妊娠率を下げると指摘されているので、包茎は悪?ではありませんが、好ましい状況ではないでしょう。
しかし幼少期は保護し、思春期以降、本人の意思で包茎に対処する!
これが正しそうです。

なお経験のないお母さんが幼少期の息子を治そうとする?
これは危険を伴うので、小児科と相談しましょう。

関連記事

  1. 切らない方が良い場合
  2. 携帯電話割引制度とは
  3. 女性ホルモンの分泌と生理
  4. one handicapped disabled man in silhouette studio on white background 通訳について
  5. 手術の痛みについて
  6. 生理周期重要2
  7. 真性包茎は温泉で雑菌が繁殖
  8. 障害者政策も内閣府のお仕事

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP