後遺症について

医学の進歩、特に抗生物質の発見によって昨今では多くの感染症対策が整備され、感染症で命を落とすケースは急減しています。
時に耐性菌の出現はありますが、適切な使用に努める限り、大規模な感染を防ぐことが可能になっています。
この点は、かつて猩紅熱として恐れられていた溶連菌感染症においても同様であり、最近は猩紅熱という言葉自体聞かれなくなりました。
とはいえ溶連菌感染症は発熱、頭痛、発疹の他に中耳炎や気管支炎を引き起こすことがあるので油断は禁物です。
油断ついでに、溶連菌感染症だから!と侮っていると、重篤な後遺症が現れることがあるので注意しましょう。
ちなみに溶連菌感染症に関して発症しやすい後遺症として腎臓障害があります。
そのため溶連菌感染症の治療に際しては尿検査が不可欠と言われています。
またリウマチ熱も溶連菌感染症に伴い後遺症を示すことが知られています。
もちろん後遺症を残すケースは極めて稀ではありますが、ゼロではないので、素人判断で抗生物質の服用を止めてはいけません。
外見上の症状がなくなっても体内で細菌は生存しており、勝手に治療を中止したケースに後遺症が少なくないと指摘されているので気を付けましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP