後遺症について

インフルエンザ脳症は、インフルエンザに伴い発症する病気のひとつであり、特に体力のない乳幼児に頻発しやすく、死亡例も多く後遺症が現れやすい注意すべき病気です。
インフルエンザ脳症は文字通り、脳に障害をもたらすため、急性期には意識障害、神経障害を引き起こし、運動系の後遺症として、運動麻痺、嚥下障害、視覚や聴覚の障害が認められています。
また神経系の後遺症として精神遅滞やてんかんなどが多発し、失語症や記憶障害なども現れるようです。
一般にはインフルエンザ脳症はインフルエンザウイルスの感染が原因と考えられていましたが、近年の研究によって、解熱剤の投与が起因して生体防御物質のひとつであるサイトカインが過剰になり、炎症を引き起こすことが知られています。
そのためインフルエンザによって高熱が出たからといって、安易に解熱剤を投与すると、逆にインフルエンザ脳症や、その後遺症を招きやすいので注意が必要です。
本来発熱反応は、ウイルスや病原菌と戦うために必要な生体反応であるため、幼児や高齢者など体力が弱っている人であっても解熱剤を使うことなく、安静にして免疫力に依存する方がインフルエンザ脳症やその後遺症を防ぐためには望ましい治療法とされています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP