急性胃拡張を予防する5つの方法

pixta_19905973_M

急性胃拡張とは?
特定の病気を意味するわけではありません。
しかし嘔吐を伴うこともある!
場合によっては?
ショック症状を呈することもある!
気を付けたい病態です。

急性胃拡張を予防する5つの方法

1.食べ過ぎない
2.持病を治す
3.ストレスを溜めない
4.便秘を治す
5.規則正しい生活
では具体的に解説してみましょう。

1.食べ過ぎない

基本的に急性胃拡張は?
急激にたくさん食べる!
それによって胃の膨満感?
苦しく感じる症状です。
であれば?
当然ですが、食べ過ぎない!
これに尽きる予防法はないでしょう。

自分が急性胃拡張になりやすい?
自覚しているなら?
食べ過ぎない!
食事の度に戒めましょう。
とはいえ我慢していると?
どか食いしてしまう!
そんなパターンもあるでしょう。
そういう意味では?
小分けにして少しずつ食べる習慣を付けましょう。
昨今の研究では?
一度に大量食べるより、数時間おきに少量食べる!
糖尿病予防の観点からも推奨されています。

2.持病を治す

日頃健康な人が急性胃拡張になる?
稀なようです。
つまり急性胃拡張には?
なりやすい人がいる!
具体的には?
神経性食欲不振、栄養失調、肝硬変、肝癌、脳血管障害、胆道疾患、膵臓疾患、感染症などがあると?
急性胃拡張に罹りやすい!
報告があるようです。
ならば?
これらの持病を治す!
直接的な急性胃拡張の予防ではなくとも?
何らかの効果は期待できるでしょう。

また抗コリン剤や一部の鎮痛剤?
そして麻酔薬によって急性胃拡張が促される?
指摘もあります。
それらの薬を用いるような持病を治す!
根本的な急性胃拡張の予防につながります。

3.ストレスを溜めない

急性胃拡張とストレス?
直接的な因果関係は指摘されていません。
しかしストレスが溜まると?
胃に負担がかかる!
暴飲暴食になりやすいのも事実です。
そういう意味では?
ストレスを溜めない!
胃拡張になりやすいタイプの人なら?
有用な予防法です。

精神的トラブルで自律神経系が乱れるケースも?
急性胃拡張になる可能性が否めない?
胃は第二の脳!
そんな表現もあります。
日々落ち着いて暮らすことが?
急性○○などの病気予防には不可欠です。

4.便秘を治す

便秘が急性胃拡張の原因?
可能性は否めないようです。
腸に内容物が多くて胃から食べ物を送れない!
また急性胃拡張の人は便秘がち?
稀ではないようです。
あらゆる意味で?
便秘は百害あって一利なし!
薬を使うのが嫌?
それもあるでしょうが、1週間出ないのは普通?
そんな人は?
他の病気を予防する観点からも便秘を治す!
意識してみましょう。
適度な運動や繊維質を摂る!
水分補給も忘れてはいけません。

5.規則正しい生活

急性胃拡張に限った話ではないでしょうが?
規則正しい生活をする!
これに勝る病気予防法はありません。
急性胃拡張には持病がある?
ならば当然規則正しい生活をする!
仕事の都合はあるでしょうが、早寝早起き!
暴飲暴食を慎む!
適度な運動をする!
これらを心掛けましょう。
急性胃拡張は?
胃の働きが弱っている証拠です。
持病もないのに急性胃拡張になる?
それは代謝力に問題があるからです。
今すぐにでも規則正しい生活を始める!
急性胃拡張になってからでは遅すぎます。

以上、日々心掛けてみましょう。
日頃健康な人が普通の生活をしていれば?
急性胃拡張に罹ることはありません。
常に油断してはいけません。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP