急性腹症を予防する5つの方法

pixta_18548557_M

急性腹症?
わかったようなわからない概念です。
つまり急な激しい腹痛を意味する総称です。
救急車で担ぎこまれて?
手術をすべきか否か?
そんな危うい急性腹症を予防する?
実際にはどうするのでしょうか?

・急性腹症を予防する5つの方法
1.暴飲暴食を避ける
2.持病を治す
3.ストレスを溜めない
4.便秘を改善する
5.生活を正す

では具体的に解説してみましょう。
1.暴飲暴食を避ける
急性腹症とは?
特定の病気を指すわけではありません。
突然襲われた原因不明の腹痛!
そういう概念です。

とはいえ一番心配なのは?
食べ過ぎや食中毒でしょう。
であれば?暴飲暴食を避ける!
急性腹症の予防において重要です。

なお食中毒の疑いがあれば?
最近何を食べたか?
明確にしましょう。
本人に意識がなければ?
家族や知人が説明しましょう。
おおよその理由が特定できれば?
急性腹症として様々な検査をすることなく、直ちに具体的な治療が始められます。

2.持病を治す
急性腹症の原因は?
「急性腹症診療ガイドライン」よれば?
急性虫垂炎、胆石症、小腸閉塞、尿管結石、胃炎、消化性潰瘍穿孔、胃腸炎、急性膵炎、憩室炎、産婦人科疾患などが指摘されています。
そういう意味では?
これらの持病を治す!
胆石や胃炎などは?
日頃の生活を改めることが重要です。
産婦人科系疾患に関しても?
普段から異常はないか?
見過ごすことなくチェックし予防に努めたいものです。

3.ストレスを溜めない
消化器系の精密検査をしても?
何らの要因も特定できないケースがあります。
本人は不調を訴えている!
しかし?精神的なものかもしれません。
思い込みは止めましょう。

そもそもストレスを溜めない!
過度なストレスが自律神経系を乱している可能性は否めません。
意識しすぎると悪循環に陥ります。
そういう意味でも?
根本原因であるストレスを溜めない!
適時適切なストレス解消に努めましょう。
急性腹症の予防には不可欠です。

4.便秘を改善する
脂汗を流すような激しい腹痛!
救急車で運ばれた!
急性腹症?
原因は何か?
便秘です。
笑えない話があるようです。
もちろん便秘から大腸癌!
様々な消化器系疾患に至る可能性は否めません。
頑固な便秘も?
経験者にはわかりますが、激しい腹痛を伴う!
まさに死ぬのでは?
苦痛に襲われることもあります。

それでも出るものが出れば?
解消!
そういう恥ずかしい思いをしないためにも?
便秘を改善する!
逆に便秘を予防する!
規則正しい生活や適度な運動をする!
絶食系のダイエットは止める!
一番大切なのは?
水分を適宜適切に摂取しましょう。

5.生活を正す
暴飲暴食やストレスもそうですが、それらは?
生活を正すことで解決されます。
ストレスからやけ食いや飲酒!
また無理なダイエットがリバウンド?
1日3回栄養バランスの取れた食事をする!
これこそダイエットには一番ですし、体調管理には不可欠です。
気分が落ち込むのも?
栄養が偏っていることが原因かもしれません。

なお適度な運動をしたり紫外線を浴びる!
身体のリズムをリセットするのに役立ちます。
このように生活を正す!
これが急性腹症など得体の知れない状態を予防するには大切です。

以上、日々心掛けてみましょう。
とはいえ日常生活において急性腹症?
素人が考えることではありません。
あくまでも医学的な問題であり、緊急で運ばれてきたらどうする?
そういう話です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP