あああ

性感帯温存法とは

従来から包茎治療の一環として包茎手術が行われてきました。包茎の中でも真性包茎は病気の一種なので健康保険を使って、泌尿器科などで包茎手術が実施されていました。しかし従来実施されていた包茎手術は、純粋に「包茎を治す」ことだけを目的とした手術であり、手術痕の有無や手術後の使用感?などはあまり意識されることはありませんでした。その結果、ツートンカラーに見える!性感がなくなるなどの包茎手術に関するトラブルが発生していました。そのような問題点を改善した包茎手術の方法が性感帯温存法です。ペニスのうち最も感じやすい部分、つまり性感帯は、亀頭の付け根の裏にある筋、裏筋であることが多いので、この部分にメスを入れない、裏筋部分の神経を傷つけないように行う包茎手術の方法が性感帯温存法と呼ばれるものです。ただし人によって性感帯は微妙に異なりますので、裏筋だけに気を配った性感帯温存法は、全ての患者にとって性感帯温存法になるとは限らないので、事前に充分なカウンセリングを受けることが大切です。ちなみに包茎手術の方法には様々な呼び名がつけられることが多く、性感帯温存法は、包皮小帯温存法、亀頭直下性感帯温存法などと呼ばれることもあります。

関連記事

  1. 包茎の種類
  2. 生理不順になると
  3. 包茎の何が恥ずかしいのか
  4. 尿路感染症について
  5. 大きさと満足度に相関はない
  6. 包茎は最大のプライバシー
  7. 月経前緊張症にご用心
  8. クレジットカードは持てる!

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP