あああ

性感帯温存法の満足

包茎手術は、男性最大のコンプレックスとも言える包茎を治療するためのものですが、包茎手術後にその使用感、言い換えると性感がなくなってしまえば、包茎手術のメリットが失われてしまう!と言えるでしょう。基本的にペニスの性感帯は亀頭の裏にある筋に集中していることが多いので、この裏筋に注意して実施する包茎手術の方法が採用されることが多く、この方法を一般に性感帯温存法と呼んでいます。しかし人はそれぞれ感じ方が異なります。そして性感帯も本当は微妙に違っているはずであり、裏筋以外にも性感帯となっている部分は多数あると考えられています。そこでペニス全体の性感帯をあらかじめ調べ、それらの部分にも気を配った狭義の性感帯温存法が実施されることがあります。この方法は極めてセンシティブなので執刀医の技量が求められますが、一方で事前チェックの段階で自分の性感帯を余すことなく医師に伝える必要があるので、狭義の性感帯温存法は患者にとっても難しく、注意が必要であると同時に、実施に際して非常に恥ずかしい手術方法でもあります。ただし、この狭義の性感帯温存法を実施すれば、包茎手術の満足度は充分高まると言えるでしょう。

関連記事

  1. 国際人権法とは
  2. 恋人関係に支障あり?
  3. 生理を知ろう
  4. pixta_18106716_M 障害者の自立と自立支援
  5. imasia_6514285_M 目の悪い人の視力レベル
  6. 仮性包茎とは
  7. 基本 RGB 性行為は可能
  8. 女性からの印象

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP