あああ

性病になりやすいの?

包茎を含めて下半身の話には不確かな情報が少なくありません。その理由は、調査をしても対象者が恥ずかしいと感じて本当のことを言わないことが多いため、正確な統計が得られないからです。また雑誌やインターネットなどの怪しい情報の方が、理屈っぽい医学情報よりも人の耳に心地良く伝わるためです。ちなみに不確かな情報の一例として「包茎の人は性病になりやすい?」というのがあります。これは間接的には正しいようですが、正確に言うと正しいとは言いきれません。つまり包茎だから性病になりやすいのではなく、包茎だと不潔になりやすい、不潔だと性病の原因菌が繁殖しやすい、性病の原因菌が繁殖すると性病になりやすいのです。注意すべきことは、性病の原因菌は、性行為など保菌者と接触しなければ感染しない点であり、包茎だからといって自然発生するわけではありません。さらに性病の原因菌に感染したからといって性病が直ちに発症するわけでもありません。ただし、包茎の人が性病の原因菌を持っていると他人にうつす可能性は高いかもしれないので、性病の加害者になりやすい点は、充分に認識しておくべきでしょう。

関連記事

  1. 手術のリスクについて
  2. 性感帯温存法とは
  3. サプリメントの摂取方法によって変わる生理への効果
  4. 生理痛の種類
  5. 生理予定日の測り方
  6. 包茎手術は入院の必要がない
  7. 下痢で想定するのは大腸がん
  8. pixta_14117252_M こういう年金本当に欲しい?

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP