感染経路について

風邪やインフルエンザなど心配な感染症が昨今でも増えていますが、感染症であるならば、その特有な感染経路に注意すれば、それほど恐れることもないようです。
例えば子供に多い感染症として溶連菌感染症がありますが、溶連菌感染症の感染経路は飛沫感染、すなわち風邪の感染経路と同様に空気中を移動するので、学校などにおいて溶連菌感染症の流行を感じた場合には、マスクなどを着用すると安心です。
特に最近の花粉症用マスクは極めて細かい粒子に対しても遮断作用があるので、溶連菌感染症の感染経路を絶つのに効果的でしょう。
なお飛沫感染ということは唾液やくしゃみ、咳などに細菌が混じっていることになるので、お互いに気を付けたいものです。
溶連菌感染症の自覚症状がなくても、保菌者である可能性は否定できず、本人の知らない間に家族を含めて他人に菌を撒き散らし、主要な感染経路、ハブになっていることもあるようです。
ちなみに飛沫感染が主な感染経路の場合には、帰宅時にうがいや手洗いを行うことが必須、かつ有効であり、消毒用アルコールも一定の効果が認められているので、乳幼児がいる場合には室内の器具類をアルコール消毒しておくと良いでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP