扁桃炎について

溶連菌感染症と聞いて猩紅熱をイメージする人が多いようですが、昨今では溶連菌感染症の結果として頭痛、発熱、または咽頭炎や扁桃炎、さらに気管支炎や中耳炎などのありふれた症状も少なくないようです。
時に扁桃炎や咽頭炎などは溶連菌感染症以外でも発症するので混乱することもありますが、異常が見られた場合には適宜医療施設を受診して原因菌を同定し、適切な抗生物質を早めに投与することが重要です。
もちろん大人などでは自己免疫力により自然治癒したり、そもそも症状を示さないこともありますが、逆に乳幼児のケースで溶連菌感染症が重篤化し、稀に腎臓障害などの後遺症を残すことがあるので注意したいものです。
一方扁桃炎は誰しも罹りやすい病気のひとつであり、頻繁に再発を繰り返す子供もいるようです。
扁桃炎になると喉の奥が赤く腫れ、痛みを伴い子供にとっては大変苦痛です。
加えて高熱を出したり食欲不振にもなるので回復が遅れることもしばしばです。
なお扁桃炎に対する基本的な治療方法は抗生物質の服用ですが、日々帰宅時のうがいや手洗い、そして溶連菌感染症や風邪などが流行っている時期はマスクを着用するなどの予防措置を講じたいものです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP