あああ

手術について

包茎の中でも完全に包皮が被った状態で、手でむいても亀頭が露出できないケース、つまり真性包茎の場合には包茎手術を受けるべきとされています。真性包茎であっても必ずしも問題が生じるわけではありませんが、包皮口が小さく排尿に支障が出る場合があったり、感染症の問題や性交時のトラブル、さらに泌尿器系の病気や不妊症の原因にもなりかねないので、早めの処置が求められます。なお仮性包茎の場合は、状態にもよりますが、特に包茎手術を必要とするわけではありません。しかし本人の精神的な負担を軽減する意味から、包茎手術を行うケースが多いようです。ちなみに包茎手術は一般の泌尿器科で実施することができ、真性包茎の場合は健康保険が適用できます。一方で仮性包茎やカントン包茎のケースでは健康保険が適用できないことが多いので、美容外科を選択するケースが多いようです。どちらも基本的な包茎手術の方法に変わりはありませんが、心理的に美容外科は仕上がりが綺麗だと考えられており、著名な美容外科であれば包茎手術の実績もあるため、患者にとって安心できるようです。包茎手術に限らず泌尿器系の病気は恥ずかしく感じてしまいますが、医療施設において正しい診断を受けることが大切です。

関連記事

  1. フリーパス制度とは
  2. カントン包茎の包皮を戻す方法
  3. 古典彫刻は人前で裸が一般的
  4. pixta_11426029_M 肝臓機能障害とは
  5. imasia_9877735_M 病気の予後について、気になる5つのデータがあります
  6. Doctor with finger point to blank paper 手術の年齢制限について
  7. 包茎は最大のプライバシー
  8. pixta_18106716_M 障害者基本法の基本

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP