あああ

手術のリスクについて

包茎には様々な種類がありますが、手でむいても亀頭が露出できない真性包茎の場合は病気と考えられるため、包茎手術を受ける必要があるとされています。しかし手術と考えると、様々なリスクが頭を過ぎります。包茎手術に限らず、人体にメスを入れる場合には、何らかのリスクが付き物です。盲腸のように初歩的な手術であっても100%安全なことはありません。また手術時や手術後の痛み、体質によって手術痕が残るケースもあります。特に下半身の手術は、それでなくても恥ずかしいという思いがあり、包茎手術を受けるのは一般的に若者が多いので、精神的なリスクも加わってくるでしょう。もちろんペニスがなくなっても生活できないわけではなく、包茎手術による死亡リスクはほぼないと言えるでしょうが、ペニスに傷が残れば女の子に嫌われる、結婚できない、将来性が失われる!と絶望感を抱くことも否定できません。そのため包茎手術を考えた場合には、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。なお包茎手術に際しては、事前に医師や専門家と費用やリスクに関する相談、そして充分な検査を受けることが大切です。恥ずかしい検査ではありますが、リスクを減らすためには覚悟を決め妥協しないことが何よりも大切です。

関連記事

  1. pixta_14536441_M パラリンピックとは
  2. 包茎は最大のプライバシー
  3. 支援施設の種類
  4. pixta_1041419_M 障害者手帳の種類は3つ
  5. 自分に合った車いすを選ぶ事
  6. 治療費を消費者金融で
  7. Thinking schoolchild sitting at desk, portrait on white background 障害児について
  8. ハローワークの障害者雇用枠

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP