手術内容は?

pixta_17341541_M

インプラントとは、そもそも人工物を体内に埋め込む技術一般を指しますが、現在の日本では、インプラントと言えば歯!になるようです。
ならば実際に行われるインプラントの手術内容はどのようなものでしょうか?

例えば最初は、患者さんの歯を含めた健康状態を検査し、手術に耐えられるか?を確認します。
次いで患者さんにとって最適な方法を決め、手術が開始されます。
とはいえ1日で終わる手術内容ではありません。
まずは顎の骨にドリルで孔を開けます。
その後人工歯根と呼ばれる、いわゆるインプラントの本体を固定します。
ここまでが手術内容の第一段階です。
このインプラントが顎の骨に定着するまで数カ月、高齢者などであれば1年程度様子をみます。
患者さんの体質もあるので、焦ってはいけません。
不安定な状態で先に進もうとすると、成功率を下げる結果に至ります。
そしてインプラントが安定すれば、そこに上部構造と称される、表に出てくる部分を嵌め込む!
これが手術内容の第二段階です。
この段階になればほぼインプラントは完成です。

ただし手術内容のいかなる場面においても、違和感や不具合?痛み!などがあれば、早急に歯科医と相談しましょう。
遠慮は失敗の源です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP