あああ

手術痕について

どんな手術でも体に手術痕が残ると嫌なものです。盲腸の手術であっても、温泉などでついつい手術痕を隠してしまいがちです。包茎手術の手術痕、つまりペニスの先端部は、あまり人に見せるものではなく、温泉などでもそんなに目立つものではありませんが、ペニスの先は、一番見られたくない好きな異性に一番見られてしまう場所とも言えます。そのため包茎手術をした!という決定的な証拠である手術痕は、特に結婚前、思春期の時にはあってはならないものでしょう。近年は医療技術が急速に進展しているため、包茎手術でも日帰り可能であり、手術歴の豊富な著名なクリニックでは手術痕が目立たないようになっています。時に一般の泌尿器科で病気治療として包茎手術を受けた際に手術痕が生々しく残る!という噂もありますが、それは医師の技量によるものです。しかし技術進歩があるからといっても、手術には変わりありません。痛みを伴うと同時に体質によって化膿したり、傷口や縫合箇所がケロイドとして残るケースも少なくありません。また手術痕が包茎以上にコンプレックスとして残ることもあるので、包茎手術の前には医師による充分なカウンセリングや検査を受けることが何よりも大切です。

関連記事

  1. imasia_4767656_M 車椅子使用者とは
  2. 仮性包茎なら日常生活もOK
  3. 障害者のための借金被害対策
  4. 日本人は人口率が原因?
  5. 生理周期1
  6. 生理周期重要2
  7. 必ず隠す性格は将来治らない
  8. 続発性より怖い原発性無月経

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP