あああ

手話について

障害者の中でも聴覚障害者には、手話という便利なツールがあります。
最近ではテレビのニュースでも手話を表示してくれるケースが多くなっています。
手話は覚えてしまえば案外簡単なものであり、健常者でも日頃行っているジェスチャーをやや大袈裟にしたと考えても間違いではないでしょう。
一方で手話の問題点として、言語のように国別に異なった表現になっていることが挙げられます。
また手話の歴史において、聴覚障害者は手話に頼らず相手の口の動きから会話内容を察知する口話法を重視すべきである!とした時代もありましたが、口を大きく開けてしゃべらない人もいるので、一概に手話を問題視すべきではない、というのが現状のようです。
なお手話は健常者であっても、声を出せない状態、例えばダイビング中などでは威力を発揮します。
さらに聴覚障害者に限らず声を出すことができない障害者にとっても手話を活用して家族などと会話することが可能になるようです。
時に手話は、他の言語と同様に今日始めて明日使えるというものではないので、日々少しずつ単語を増やしていくような勉強法が必要になる点が、中々一般の人への普及が進まない理由であるとも言われています。

関連記事

  1. 障害者側に問題点はないの?
  2. pixta_10667337_M 消費者庁から勧告されました。トクホでは効果を謳えませんよ
  3. 自分に合った車いすを選ぶ事
  4. 性感帯温存法とは
  5. pixta_19912492_M モラルの問題ではない
  6. 捕まれば罰金の注射除外証明
  7. 障害者相談支援が悲劇を防ぐ
  8. 更正施設の訓練士さんたち

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP