持病について

歯を抜いたまま放置すると、歯並びが悪くなったり、歯茎から雑菌が侵入して歯周病になりやすくなるので注意が必要です。
また歯が抜けた状態は発音が悪くなったり、前歯がないと対人的な印象を悪くすることもしばしばです。
そんなケースにおいて、近年はインプラントが普及し出しています。
もちろんインプラントにはいくつかのデメリットがありますが、入れ歯とは異なり安定感がある、差し歯とは違い半永久的に利用できるなどのメリットがある点が、人気の高まる理由のようです。
一方でインプラントのデメリットとして持病との関係を考えることも大切です。
時にインプラントを検討する人の多くは中高年のようですが、中高年は様々な持病を抱えがちです。
インプラントは副作用を伴うような薬を使用することはありませんが、身体に負担を強いることになるので、重度の高血圧や糖尿病などの持病を持つケースでは、あまりお奨めできないようです。
なおインプラントに使用するチタンは金属アレルギーの持病があっても問題ないとされていますが、念のため事前に検査することをお奨めします。
さらに持病の薬を服用している際には、歯科医にその旨を伝えましょう。
薬の影響で出血が止まらず大惨事に至るケースも稀ではないようです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP