あああ

月経前緊張症にご用心

生理が近付くと、下腹部に鈍痛を感じたり、乳房が張ったり、腰痛や肩こりが酷くなったりと、様々な肉体の不調が現れる人も多い事でしょう。また、肌や目や唇が普段以上に乾燥したり、顔や背中にニキビが沢山出来るという女性も大勢います。さらに、こうした身体の異変だけではなく、異常なまでのイライラ感や倦怠感と言った心理的な不安定さを生じる人も少なくありませんが、これらは「月経前緊張症」という謂わば本人の意思や体調とは全く関係なく、ホルモンのバランスが引き起こす謂わば自然の症状です。別名「月経前症候群」やPremenstrualSyndromeを略してPMSなどとも呼ばれますが、生理のある年代の女性のうち、実に90パーセント以上が経験している、あるいは経験した事がある症状とされていますね。しかし、これはあくまでも生理周期の終盤に見られる一連の心身異常で、面白い事に、生理が始まると途端にサッと引いてしまいます。因みに、生理が始まってから起こる生理痛やめまいなどの不調や不快感は、月経前緊張症には含まれず、月経困難症に入ります。ですから、本来は月経前緊張症による不具合が一旦収まってから月経困難症が生じる訳ですが、実際には、生理が始まるとすぐに月経困難症を発症する人もお多く、その場合は、生理前から生理中までずっと体調不良の状態が続くという事も珍しくないという訳です。特にこの月経前緊張症は個人差が大きく、排卵直後から生理が来るまで、まるまる2週間なんだかんだと不具合を生じる人もいます。かと思うと、心身の状態がともに安定している時などは、肉体的にも精神的にも大した変化を感じないまま生理を迎える事もありますから、女性の体は実に微妙です。しかし、女性にとって、この月経前緊張症が厄介な時期であるのはまぎれもない事実でしょう。男性の中にはよく、生理中の女性は怖いとか煩いと思われている方がいらっしゃいますが、実は実は、多くの女性は生理中よりも、この月経前緊張症の間の方が、ずっと危険だったりするのです。という事で、まあ月のうち半分は彼女や奥さんに無闇矢鱈と逆らわない事、これが賢明かも知れませんね。

関連記事

  1. 「生理が重い」の意味とは
  2. 亀頭下切除法とは
  3. pixta_20053742_M 発達障害は病気なのか?誰もが知っておくべき3つのこと
  4. 基本 RGB 不潔は病気の原因
  5. タオルで隠すのは言い訳
  6. 生理痛の種類
  7. pixta_3955722_M 出産について
  8. 無月経について考えよう

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP