あああ

月経障害とは

女性の生理に関する悩みは何かしらみんなあるものです。定期的にきちんと生理が来て、しかも、生理前でも生理中でも比較的正常通り穏やかに日常生活を送る事は、全ての女性の憧れではないかと思いますが、残念ながら、それを実現するためには、100パーセント心身ともに健康でなければならないと言っても決して過言ではないでしょう。ですから、例え生理周期が比較的安定している人でも、生理前や生理中には、様々な精神障害や肉体的苦痛を感じます。それが生理前に見られる「月経緊張症」や生理中に見られる「月経困難症」です。それでも、まだ生理周期が安定しているのは幸せな方で、月に2度も生理の来る「頻発月経」や、月に一度きちんと生理の来ない「稀発月経」に悩んでいる人も大勢います。さらには、3ヶ月以上生理が止まってしまうという「無月経」に陥っている人も少なくないのです。また、例え生理周期は安定していても、その出血量が異常に多い「過多月経」や、逆にその出血量の極端に少ない過小月経」を抱えている人もわんさかいます。こうした症状を総称し、「月経障害」と呼ぶのですが、特に生殖機能やホルモンバランスのまだ未成熟な思春期には「頻発月経」に、ストレスや日頃の不摂生が多い成人女性には「稀発月経」に悩まされている人が目立つようです。しかし、こうした月経障害の殆どは体質に加え、その時々の心身状態が大きく関わって来ます。そう、月経障害は、自分の健康状態のバロメーターとも言えるのです。ですから、激しく出ている時煮は、無理をしない事も大事ですが、それ以上に、最近の生活環境を見直し、改善する事が次の月経障害を防ぐ最良の対策と言えるのではないかと私は思いますね。

関連記事

  1. 仮性包茎と皮オナニー
  2. コンプレックスが人を育てる
  3. 成熟期の後期の生理
  4. 自分に合った車いすを選ぶ事
  5. 手術痕について
  6. 性感帯温存法の満足
  7. pixta_19248119_M 大腸性の場合は我慢できない
  8. カントン包茎の包皮を戻す方法

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP