あああ

月経障害にカフマン療法

カフマン療法というと、不妊治療の一つだと思われている方も多いようですが、カフマン療法は不足しているホルモンを補い、ホルモンバランスを整えるのが目的で、所謂”ホルモン治療”と呼ばれるものです。ですから、このカフマン療法自体には、排卵誘発などの効果は一切ありません。そう、カフマン療法で投与するのは、あくまでも本人の体に不足しているホルモンであって、排卵誘発剤ではないのです。ですから、基本的には、様々な月経障害の治療に用いられます。特に、生理が止まってしまう無月経や、生理周期が長い稀発月経、あるいは反対に生理周期が短い頻発月経やホルモンバランスが原因と思われる不正出血などの治療に非常に有効的なんですね。通常私たち女性の体は、生理開始日からの約2週間はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンのみが分泌され、卵子を生み出します。そのため、生理後の女性は体調も良く、とても美しいのです。しかし、卵子が成長すると、排卵から妊娠に向けて、このエストロゲンに加え、プロゲステロンという男性的なホルモンも分泌される事になります。そのため、肌荒れや精神の不安定など、様々な不具合を生じ、所謂月経前症候群を引き起こすんですね。ですから、エストロゲンのみでプロゲステロンが分泌されなければ、年中絶好調なステキな女性でいられるのですが、それでは排卵や生理が起こらず、実際には女性としての本当の魅力も価値も半減してしまうと言っても決して過言ではないでしょう。つまり、私たち女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンがバランス良く分泌されてこそ、素晴らしいのです。ところが、過度のストレスや栄養バランスの悪い食生活などが積み重なると、このホルモンの分泌がされなくなってしまい、結果、様々な月経障害を引き起こします。そこで、人工的にエストロゲンとプロゲステロンを補充するのがカフマン療法です。ですから、このカフマン療法では、生理後しばらくはエストロゲンのみを補充し、その後プロゲステロンとエストロゲンの療法を補充します。ようするに、正常のホルモン分泌状態を薬の服用によって作る訳です。これを数ヶ月続け、ホルモンバランスが整って来ると、自力でも排卵と生理を起こせるようになります。これがカフマン療法の最終目標です。ただし、生理と排卵がなければ100パーセント自然妊娠は出来ない訳ですから、まずはここまで持ち込む事が不妊治療においては非常に重用なんですね。そこで、カフマン療法は不妊治療だとも言われる訳です。

関連記事

  1. 生理に効くツボ
  2. 日本人の割合は約70%
  3. 性感帯温存法とは
  4. 気にすべきは衛生面
  5. 性感帯温存法の満足
  6. pixta_18106716_M 自立支援法とは
  7. 捕まれば罰金の注射除外証明
  8. disabled people care help flat icons set 赤と青の手帳とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP