材料について

インプラントの歴史をみた場合、人工歯根の材料は大きな課題でした。
体内に埋め込むものであるため、インプラントに使われる材料は人体に害がないもの、そして拒絶反応などが現れないことが前提となります。
さらに頑丈なことが求められる反面、強すぎて埋め込んだ骨に負荷がかかるようでは、逆にトラブルを発生してしまいます。
そういう意味でインプラントの開発当初はかなりの試行錯誤がありましたが、現在では人工歯根の材料として金属の一種であるチタンが利用されるのが一般的です。
チタンは骨と結合することが知られており、また金属アレルギーが生じにくい物質とも指摘されているのでインプラントに適した材料と言えるようです。
なおチタンとニッケルの合金は、自由な形を作りやすいとして用いられることがあるようです。
一方で上部構造、いわゆる歯冠、見える部分の材料は銀歯などの金属であったり、セラミックス製のことが多いようです。
ちなみにインプラントが骨と結び付きやすくするために、近年骨や歯の成分でもあるハイドロキシアパタイト(HA)を表面に塗布する手法も取り入れられていますが、人によって炎症を起こすケースもあるので注意が必要です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP