あああ

根部切除法とは

包茎手術の基本は勃起時でも余っている包皮を切除することです。その切除する部分によって様々な包茎手術の方法が考えられています。一方で包茎は見た目の問題であるため、包茎手術後に手術痕などがわかってしまうと、包茎手術を実施した意味自体がなくなってしまいます。時に包茎手術の実施後に手術痕が気になって再手術を受けるケースが案外多いとも言われています。そのため、手術方法や執刀医、クリニックの選択に際しては事前に充分に調べておくことが大切であり、安易に値段だけで決めるべきではありません。ちなみに包茎手術の痕をわかりにくくする方法のひとつに根部切除法があります。根部切除法とは、陰茎の根元、つまり体とペニスとの接続部、陰毛が多く生えている部分の包皮を切除する包茎手術の方法です。根部切除法は、切除部分が通常は陰毛に隠れてしまうため、手術痕がわかりにくい、根部の皮膚の色は極めて似ているので根部切除法はいわゆるツートンカラーになりにくいというメリットがあります。ただし根部切除法は、カントン包茎には適用できないというデメリットもありますのでご注意ください。

関連記事

  1. メリットについて
  2. トイレについて
  3. pixta_1041419_M 障害者手帳の種類は3つ
  4. 包茎埋没法とは
  5. 後遺障害認定の併用
  6. pixta_7934834_M 下痢系の夢占いはお金と関係
  7. pixta_20053742_M 発達障害は病気なのか?誰もが知っておくべき3つのこと
  8. pixta_18106716_M 自立支援法とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP