歯ブラシについて

歯ブラシ

歯磨き粉をたっぷり付けてゴシゴシしないと歯を磨いた感じがしない!という人が多いようです。
しかしこのような方法は、逆に歯や歯茎、そしてインプラントでさえも傷付けている危険があると指摘されています。
歯は硬いように見えても、特に食後は、食べ物に起因する酸の影響で弱っており、そこで硬い歯ブラシを当てると傷が拡大して虫歯になりやすいと考えられています。
もちろん柔らかすぎる歯ブラシも困りますが、適度な硬さの歯ブラシを用いて、歯や歯茎の間に詰まった食べかすを取り除く要領で歯磨きしましょう。
たとえインプラントであっても、このブラッシングの良し悪しが歯周病の原因?言い換えると予防につながります。
心配な人は、一度歯医者さんでブラッシングの講習を受けましょう。
時にインプラントのケースでは歯磨き粉が不要であり、中でも研磨剤が含まれている歯磨き粉を使うと歯が削れてしまう事例が多々見られるので注意したいものです。
ちなみにインプラント適用者や歯並びの悪い人は、先端が細くブラシ部分が短めで小回りが利くタイプの歯ブラシを選ぶと良いでしょうし、電動歯ブラシを愛用している人は、インプラント周りが疎かにならないようにしましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP